知らないと損をするってことはよくある話。

 

医療費控除なんて、その最たる例ではないでしょうか。

 

1年間で医療関連にかかったお金が10万円以上あれば、確定申告をすることで所得から控除でき、税金が還付されるもの(たぶん)。

 

その「医療関係にかかったお金」って、薬局で買った薬とか、歯の治療(保険対象外のもの)とかが対象で、年間10万円なんて、多くの人が払っているのでは?と思うけれども、あまり申告している人がいないような気がします。

 

しかも、通院にかかった交通費も対象になるので、しっかりとこうした費用は整理しておいた方がいいですね。

 

それなら今年からやってみようかという人であれば、過去5年間までは対象とできるので、昔払った領収書なんかを探してみると、ちょっとした収入になると思いますよー。