昨年、夫の会社が倒産して退職してしまいました。

会社都合なので失業保険とかも手厚いので、それをいいことに夫は無職生活を謳歌しています。これで6ヶ月間経過。そろそろ心配になってきました。本人はまだ失業手当があるから大丈夫だろうという考えみたいだけれど、そんな人を採用する会社があるのか、こっちとしてはとても心配です。

ただ、先日夫が確定申告をしてきて、その時にもらった退職金も確定申告をしたら還付額がビックリするくらい増えたらしいです。こうしたところは抜け目なくやるところは見習いたいところ。

退職金って、支払われた時にすでに税金が引かれているので、一般的には確定申告をする人は少ないようです。でも、その年の収入が低い(9月までしか働いていないので)ので住宅ローンとか生命保険とかでの控除額を取りきれていないから、退職金を申告することですでに引かれた所得税から還付されるのだとか。(これが正しい解釈なのかはわかりませんけどw)

ちょっと疑わしいのでネットで調べてみても、「退職金を確定申告することで還付額が増えることもある」とか、「あまり退職金を確定申告する人はいない」といった情報があるくらい。そもそもの情報量も少ないですし。どうやってこんなことを知ったのかも謎。税金に詳しいわけでもなさそうなのに。。

まぁ、ちょっとした月給分くらいの還付額が増えたのはファインプレーかなと思いますけど( *´艸`)

あとは、そろそろ働きに行ってくれることを願うばかりです。